特許出願を行う際には、図面も一緒に提出することが一般的です。

紙に印刷した図面を提出することもできますが、基本的には所定の形式にデータ化したものをインターネット経由で送ることになります。

お客様からは、手書きの図面やPDF化した図面を頂くこともありますが、CADデータを頂くこともあります。

CADデータならインターネットで送る形式への加工が容易ですので、急いで出願する場合には助けられますね~

 

ところで立体的な形状を2次元図面で表す場合、正面図や側面図、断面図などで表現することになりますが、たまに図面間でつじつまが合わないことがあります。

断面図には凹んだ部分があるのに、正面図にはこの凹みに対応する部分が描かれていない・・・なんてことがあるのです。

 

断面図が正しいのか、正面図が正しいのか、正確にはこの図を書いた人に確認しなければ分かりません。

ただ、最終的にはお客様に確認するにしても、まずは想像力を働かせて図面を解読しています。

図面に描かれている部品の動きを想像したり、CADデータに残っている情報(線の太さや色、レイヤーなど)を見てみたりなど・・・

 

困った状況ではあるのですが、私にとってはパズルを解いているようで、実は楽しい作業です(^^)

今回頂いている案件でも一致していない部分がありましたが、なんとか解読に成功!

さて、午前中の遅れをこれから取り戻すことにします~