昨日、さいたま商工会議所が主催する新入会員向けのオリエンテーション兼交流会に参加しました。

商工会議所には開業してからすぐに入会したのですが、実は本格的に利用させて頂くのは今回が初めて。

しかも、これまでに参加した交流会は都内や近県が多かったため、地元の浦和での交流会参加も今回が初めてです。

オリエンテーションも含まれていましたので、交流会自体の時間は比較的短かったのですが、十分に情報交換できたと思います。

 

さて、これまで参加した交流会では、隣にいる人や目が合った人と名刺交換をするというスタイルで、全員と顔を合わせるのが難しいことが多かったのですが、今回の交流会では、全員と握手をするというイベントがありました。

参加者が多いと全員で握手するのは大変ですが、昨日は100人近くいたにもかかわらずスムーズに進みました。

やり方は単純なのですが、うまい方法だなと思いましたのでシェアします。

 

言葉だけで説明しても分かりにくいと思いますので、図にしてみました。

1)まず、全員が輪になります。

握手1

2)次に1番さんが列を離れ、2番さんと握手をします。

その後、1番さんは、3番さん、4番さん・・・の順で握手をしていきます。

握手2

 

3)1番さんと握手が終わった2番さんは列を離れ、1番さんの後を追いかけるようにして3番さん、4番さんと握手をしていきます。

握手3

2番さんに続いて、3番さん、4番さんも同じように後を追いかけていけば、全員と握手ができることになります。

 

人と仲良くなるには、機会(回数)と密度を上げることが重要だと聞いたことがあります。

ちょっとしたことですが、握手は密度を高めるきっかけとして大事ですよね。

うまいやり方で会を進行して下さった主催者の方々に感謝です(^^)