特許や商標を取得するための書類には、案件毎に具体的な検討を要するもの(特許であれば明細書)だけでなく、移転などに関する書誌的なものも含まれます。

以前勤務していた特許事務所では、書誌的なものは事務スタッフが担当していましたので、恥ずかしながらこの部分はあまり理解していないところがあります。

 

フォーマットは決まっているのですが、初めて行う手続は一々調べなければならないので大変です。

特許庁のホームページを参照したり、どうしても分からない場合は特許庁の担当部署に直接電話をしたりしていると、結構時間がかかりますね。

今日も午前中はこちらの調べ物で時間が過ぎてしまいました・・・

 

ただ、調べて理解したことは備忘録的なメモとして残していますので、次に同じような手続を行う時にはかなり楽になると思います。

法域が違ってもこちらの手続は共通するところが多いので、その点でも救いがありますね。

今日は時間を費やしましたが、多分次回からは速くなるはず!