既に発表の通り、「特許法等の一部を改正する法律案」が7月10日に公布されています。

この法改正では、職務発明制度の見直しの他、「特許や商標の料金引き下げ」が行われます。

特許については特許出願料と特許料が10%程度、商標については商標設定登録料が25%程度、更新登録料が20%程度引き下げられます。

特に商標については下げ幅が大きいですね♪

 

さて、この料金の引き下げがいつから行われるかというと、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日、とだけ決まっていて、詳細な日付はまだ発表されていません。

ただ、特許庁のホームページでは、2016年春頃の施行を目途に準備を進めているそうなので、過去の例から考えると2016年4月1日からスタート、という気がしています(正式に施行日が発表されれば、改めてご紹介します)。

 

ちなみに商標登録を受けようとする場合、通常は出願してから登録まで約4~6ヶ月かかりますので、これから出願する商標についてはちょうど良いタイミングで料金引き下げになりそうです(^^)