普段は特許権や商標権を取得するための業務が多いのですが、鑑定に関するご依頼を頂くことがあります。

他社製品が自社の特許権を侵害していると思うので確認して欲しい、とのご依頼もありますし、

逆に、他社の特許権に対して自社製品を製造、販売しても問題ないか教えて欲しい、とのご相談も頂きます。

 

鑑定では、依頼者の思いは受け止めつつ、第三者的な立場で判断していく必要があります。

勿論、依頼者の意向に沿った結論になるとは限りません。

どちらかというと、依頼者の希望する結論とは逆の判断になってしまうことの方が多いような気がします。

 

この場合に難しいのが、依頼者への伝え方ですね。

判断した結論は変わらないのですが、どのようにしてその結論を導いたのか、説明には納得して頂く工夫が必要です。

時間もある程度かけて、丁寧に説明していかなければなりません。

 

先日ご依頼頂いた際も、依頼してくださった方の意向とは逆の結論になりました。

最初はかなりご不満の感じでしたが、図を使って判断過程を丁寧に説明をしたところ、次第にご理解されたご様子。

結論だけでなく、今後の対処法についてもしっかりと説明しましたので、最後は明るい表情でした~

色々と難しいことがありますが、やりがいを感じる仕事です(^^)