以前、特許権や商標権などの産業財産権を取得する際に利用する事ができる助成金(埼玉に関するもの)についてご紹介しましたが、アップデートが追いついていませんでした。

H30年度の情報を入手しましたので下記にまとめています。

間違いがあるかもしれませんので、ご利用される際は、実際の各自治体の情報をご参照ください。

 

川口市(特許出願審査請求助成金)

・対象者

市内に主たる事業所を有する中小企業者
市内に在住している者で、起業・創業意思のある者

・対象費用

特許出願審査請求料(※特許出願料に対する助成ではない)

・助成率等

助成対象経費の1/2以内で限度額は15万円

・募集期間等

先着順に受付。予算額に達し次第締め切り。

詳細は、(公財)川口産業振興公社へ(コチラ
※リンク先の情報は昨年度のままですが、本年度も昨年度と同様に実施されているとのことです。

 

越谷市(ビジネスパワーアップ補助金)

・対象者

市内に事業所を有し、かつ、市内で1年以上事業を継続して営んでいる中小企業者

・対象費用

新製品等開発や販路開拓事業の遂行に必要な産業財産権の導入に要する経費
※特許庁に支払う手数料だけでなく、弁理士手数料も対象になるそうです

・助成率等

補助対象経費の2分の1以内、上限50万円(千円未満切捨て)
1事業者の申請は、年度内に1件まで

・募集期間等

平成30年5月14日から5月25日17時まで
※申請前に相談が必要とのこと

詳細は、越谷市産業支援課へ(コチラ

 

草加市(産業財産権取得支援部門補助金)

・対象者

市内に事業所を有し、引き続き1年以上事業を経営し、原則として事業による市税を完納している中小企業基本法第2条に定める中小企業者が対象
業種は製造業、ソフトウェア業及び情報処理サービス業

・対象費用

出願料、弁理士等に支払う手数料及び国外出願等に係る現地代理人手数料

・助成率等

対象経費の3分の2以内で、30万円を限度

・募集期間等

平成30年4月20日から5月18日まで

詳細は、草加市 自治文化部 産業振興課へ(コチラ
※リンク先の情報は昨年度のままですが、本年度も昨年度と同様だそうです。

 

以前(一昨年)調べたときも、埼玉で実施している自治体は上記3つでしたが、内容が変わっている自治体がありました(越谷市)。

実施する自治体がもっと増えればいいのですが・・・(^^;)