特許庁から「特許行政年次報告書2017年版」が公表されています。

特許や商標などに関する最新の統計情報が載っていますので、毎年、目を通すようにしています。

 

さて、下のグラフは今回発表された「特許出願件数」の推移です。

昨年度も微減状態は続いていますね。

2016年は前年比0.1%減だそうです。

 

一方、中小企業による特許出願に着目すると、こちらは増加傾向が続いています。

2016年は前年比10%増です。

この傾向はしばらく続きそうな感じですね。

 

もう一つ気になったデータが、「特許査定率」。

表の下から2段目の数字です。

2011年の特許査定率は60.5%でしたが、最近は70%近くまで上がり、2016年はなんと75.8%になっています。

 

以前よりも内容を吟味してから出願することが増えているからだと思いますが、この数字はちょっと驚きでした。

お客様と打ち合わせする時には、この辺のデータが結構大事ですので、頭に入れておこうと思います~

 

 

出典:特許行政年次報告書2017年版