話を伝えたいときに、具体的な「数字」を出すと、説得力が増すことがあります。

単に、早い、安い、少ないと言われるよりは、「数字」を出してもらう方がイメージしやすいですからね。

しかも、その「数字」が頭の中に入っていると効果的だと思います。

資料をあっちこっち探すことなく、話の流れの中で「数字」がスラスラと出てくると、より印象に残る気がします。

 

私も、仕事の中で使う数字は意識して頭に入れるようにしています。

ただ、頻繁に登場する数字はすぐに出てくるのですが、それ以外はなかなか思い出せません・・・(^^;)

対処法として、身近に資料を準備しておき、すぐに取り出せるようにしています。

 

ただ、「数字」を多用し過ぎるのも良くないようです。

情報が多すぎると頭に入りませんからね。

かえって、圧迫感を与えてしまうことになりがちです。

 

何事も、ほどほどがちょうど良いようです。