特許に関する仕事の中で、一般に、中間対応(中間処理)と呼ばれるものがあります。

特許庁の審査で、今の状態では特許権を与えられない、とされているものについて、意見を述べたり、修正(補正)をしたりして、特許権が取得できる状態にする仕事です。

最初に作成する書類(明細書)も大事ですが、中間対応によっても権利範囲が大きく変わってきますので非常に重要な仕事です。

 

お客様の要望によって色々なパターンがありますが、一般的に中間対応での最初の仕事は、特許庁から受け取った拒絶理由通知に対して、お客様にコメントを送るところから始まります。

このコメントの書きぶりも大事ですね。

お客様によって、記載する内容が大きく変わってきます。

 

例えば特許に詳しいお客様であれば、今後の対応方針(結論)もそうですが、その結論に至る理由(判断のプロセス)を重視して書くことが多いと思います。

初めて特許を取得する方には、なぜ審査において現状では特許権を付与できないと判断されているのか、その理由を説明するところからスタートすることが多いですね。

 

書き方はその都度変わりますが、要は、お客様の立場に立ったつもりで、どのような情報をもらったら役に立つだろうか、と想像しながら進めることが大事なんだろうなと思っています。