弁理士をはじめ、士業の方々を「○○先生」と呼ぶことがあります。

私も先生付けで呼ばれることがあるのですが、やはり面はゆいですね・・・(^^ゞ

 

さて、この「先生」ですが、相手の方の名前(名字)を忘れてしまったときには非常に便利に使えます。

交流会などに参加していると、顔は覚えているのに名前を思い出せないことがあるんですよね~

こんな時でも、相手の方を見ながら「先生」と呼びかければ、どうにか会話はつながります(^^;)

 

話は変わりますが、先日、カウンターでお酒を飲める店に行きました。

実は以前は何度か通っていたのですが、1年以上足が途絶えていました。

流行の店でお客さんは多いですし、時間も経ちましたので流石に忘れているだろうと思ったのですが、お店の方は私の名前(漢字も)を覚えていて驚きました(・o・)

 

やはり名前を覚えてくれると嬉しいものですね。

つい、「先生」の呼び名に頼ってしまいますが、便利だからと甘えていてはいけませんね~(^^ゞ