開業してから、仕事の範囲が一気に広くなりました。

開業前は機械系の特許が仕事の中心でしたが、今ではそれ以外の仕事もご依頼頂いています。

しかも、専門分野の仕事だけでなく、事務手続の仕事も行わなければなりません。

かなりのボリュームです(^^;)

 

既に開業から丸2年を過ぎましたので、一通りのことは経験していると思います。

ただ、初めて行う仕事の場合には、自分のやり方が本当にベストなのか、自信が持てないことがあります。

本を読んだり、特許庁に問い合わせたりして解消できる場合もありますが、ちょっとイレギュラーな案件の場合は難しいですね・・・

 

そんな時は、その分野が得意の弁理士に色々と相談にのってもらっています。

私の場合、幸いな事に、気軽に聞ける弁理士が身近に多数いるんですよね~

先日も、意匠出願の細かい疑問と、特許の登録手続について、他の弁理士からアドバイスをもらいました(^^)

 

先日聞いた話では、ある士業では、同業者にアドバイスすることはないと聞きました。

そう思う気持ちも分からなくはないですが、逆にアドバイスが欲しいと思う場面もあるでしょうにね~

折角のいい関係ですので、他の弁理士との係わりは大事にしていきたいと思います。