最近(というかちょっと前からですが)、「IoTビジネス」についての話題をよく耳にします。

「IoT」って「モノのインターネット」と呼ばれることもありますね。

Wikipediaでは「モノのインターネット」について以下のように説明しています。

”モノのインターネット(Internet of Things、IoT)は、様々な「物」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。”

 

なんとなく分かったような気がしますが、いまいちピンときません(^^;)

という訳で、週末本屋に行って探したところ、分かりやすい本がありました。

タイトルは「すぐわかるIoTビジネス200」です(Amazonのリンク先はこちら)。

 

本の帯にも書かれていますが、IoTビジネスについて100の事例が載っている本です。

事例から入っていくとイメージしやすいですよね。

しかも100の事例が紹介されていますので、応用分野は一通りカバーできている感じです。

1つ1つは簡単、簡潔に紹介されていますので、すぐに読み終わる点もいいですね。

忙しい方には特にお勧めの本です(^^)