既に登録されている特許権の有効性について調査をすることがあります。

一般的には無効調査と呼ばれています。

要は、その特許権は既存技術と同じか単なる組み合わせに過ぎないので、本来登録されるべきものでない、ということを証明したい。

その為に、既存技術が載っている資料を探し出すという調査です。

 

例えば、特許発明が「技術A」と「技術B」の組み合わせであった場合は、「技術Aのことが書かれている文献」と「技術Bのことが書かれている文献」を探す、という作業になります。

これらの文献は特許の書類が提出された時よりも前に公開されたもの、という条件も必要ですけれどね。

 

さて、調査を行うにあたって、依頼される方からは「技術者にとって技術Bは一般的なことであって、単なる技術常識」と伺うことがあります。

確かに私から見ても、技術Bはそれ程難しそうなものではありません。

ただ、そんなものほど文献としては公開されていないことが多い気がします。

 

例えば、技術Bが以前に社内で使われていた技術である場合、確かにその会社の中では一般的であることかもしれませんが、実は世の中には知られていなかった、なんてことがあります。

それでも社内にその事実を証明する書類などが残っていればいいのですが、古すぎて処分してしまった、或いは昔は資料を残すようにしていなかった、などの理由で手に入らないことも多いですね。

 

技術常識と思えるものでも、証拠として探すのは難しい・・・つくづくそう思います。