仕事を進めるなかで大事な事と言えば、ミスを防ぐことですよね。

私の場合も、あの手この手でミスが起きないように(少なくなるように)気を付けています。

 

最近、効果があるな~と思っているのが、声に出してみること。

特許出願の書類はかなりの文字数ですので、気を付けていても誤字や脱字が出てしまうことがあります。

黙読でのチェックでは見つけられなかった誤字や脱字も、音読すれば見つかる、なんてことがよくあります。

 

他にやっていることと言えば、指さし確認。

電車のホームで駅員さんがやっている、アレですね~

全ての項目について指さし確認をするわけではありませんが、特に書誌的な部分については行うようにしています。

以前使った書類とほとんど同じだからそれを上書きして使う、なんて時は、意外にミスが起こりがち。

一つ一つ指で指しながら確認していくと、上書きし忘れていた項目でも大体は気付くような気がします。

 

というわけで、事務所では基本的に一人で過ごすことが多いのですが、ぶつぶつしゃべりながら仕事をしています。

一人で「○○よし!」、「××よし!」なんてやっているのは、ちょっと怪しい光景ではありますが・・・(^^;)