先日、ある企業の社長様と打ち合わせさせて頂きました。

過去に特許出願を行った案件について、特許権を取得されたいとのことでした。

出願日を確認してみると、少し前に審査請求の期限を過ぎています(T_T)

自社で出願手続を行った案件だったようですが、多忙につき、審査請求まで手が回らなかったそうです。

 

この出願で特許権を取得することはできないとお伝えしましたが、それでもなんとか復活したい、とのご要望です。

色々お伺いしていると、前回の技術に似ているものの、より優れた効果が出てくる案がありました。

このため、この案であれば権利化できる可能性があることをお伝えしたところ、出願することになりました。

 

今回はうまい具合に改良案が見つかりましたが、いつも見つかるとは限りません。

日々の研究開発が詰まった大事な特許出願ですので、期限の問題で権利化を断念することは非常にもったいない話です。

審査請求をはじめ、特許庁への手続は期限が厳格ですのでくれぐれもご注意ください。