最近取りかかっている仕事の一つが、ある技術に関する特許調査です。

調査範囲は決めているので、あとは選んだ特許公報を読んで関連するものをピックアップしていけばよいのですが、分量が多いだけに時間がかかります(^^;)

ただ、最初のうちは時間を要するものの、読んだ内容が段々と頭に溜まってくると、かなり飛ばして読めるようになってきますね。

当初の予定では全部読み終わるのに明日までかかりそうでしたが、大分ペースが上がってきました。なんとか今日中にまとまりそうです(^^)

 

ところで特許公報をまとめて読んでいると、「技術の進歩」って直線状に進むというよりは、らせん状に進むといった方がぴったりする気がします。

今回は、日付が新しい方から古い方へ読んでいるのですが、直近の公報では見かけないので「新しい技術」なのかな?と思っていても、10年、20年前の公報を見てみると似たようなものが出てきます。

ぐるっと回って元に戻っている感じですね。

でも、過去のものと似ているとはいっても、「新しい技術」はそれよりは一段レベルが上がっています。

まさに「らせん」を描いているようです。

 

ずっと読んでいると途中で疲れてきますが、そんなことをぼんやり考えていると、いつの間にかかなり進んでいました(^^)

残りはあと僅かだ~~