机の中を整理していると、開業の準備をしていた頃のノートが出てきました。

開業までのスケジュール、必要な届け、資金、営業方法など、気になることを書き留めていたノートです。

 

久しぶりにページをめくっていると、同じ埼玉で開業している先輩弁理士の事務所を訪ねたときのことがメモしてありました。

日付を見ると、今からちょうど1年ほど前ですね。

開業時にはどの程度お金が必要だったか、どんな営業活動をしているのか、軌道に載るまではどの位の期間がかかったのか、など、不安に思っていたことを色々尋ねています。

 

先輩には自身の体験を基に一つ一つ丁寧に答えてもらいましたが、特に印象的だったのが、「(最終的に仕事を頂きたいなら)汗をかいて活動することが大事」ということ。

色々な団体に所属されているそうですが、その団体に入っているだけではダメで、面倒だなと思う事でも引き受けて汗をかくことが大事だよ、とのこと。

そして引き受けたことを頑張って続けていれば、そのうち信頼してもらえるようになり、仕事にもつながっていくそうです。

あとは、先に進んでいる人と同じ路線を選んでも苦労するので、少し違う道を行く方がいいよ、とのことでした。

 

1年前のアドバイスが実行できているかな。

これまであまり振り返ることなく走ってきましたので、時にはノートをめくって今を見直してみようと思います。