昨日、「特許、意匠権侵害訴訟における中国の特異性について」と題する研修を受講しました。

この研修は、私も参加している埼玉委員会が企画したもの。

会場を見渡すと、結構多くの方が来ています。

研修の準備には私も多少関わっていましたので、人の入りを見てホッとしました(^^)

 

研修の講師はジェトロの知的財産に関するアドバイザーの方。

中国での侵害訴訟に関して、特に日本と違う点をお話し頂きました。

ボリュームは多かったものの、最近の事例もご紹介頂きましたので分かりやすかったと思います。

 

研修終了後は、講師を囲んでの懇親会にも参加しました。

講師の方とは席が隣でしたので、ざっくばらんにお話しできたのも良かったですね(^o^)

 

ちなみに、海外の知的財産に関して不明なことがある時は、ジェトロに問い合わせると色々教えてくれるそうです。

企業からだけではなく、実は特許事務所からの問い合わせはかなり多いとのこと。

名前に「国際」が付く特許事務所からも結構あるそうです(・o・)

私も海外の事案で困ったら、ジェトロに頼ることにします~