特許庁から「PCT国際調査及び予備審査ハンドブック」が策定されたとアナウンスされていました。

PCT制度とは、外国で特許権を取得したい時によく使われる制度で、今回のハンドブックは、そのPCT制度の国際調査(例えば出願した発明に対して過去に似たような発明が公開されているかいないかの調査)の判断基準を示したものになります。

まだザッとしか見ていませんが、一通りは読んでおく必要がありそうです。

 

最近の特許庁の動きは、特に活発な気がします。

基準でいえば、今回のハンドブックをはじめ、先日は審査基準が大幅に改訂されていました(コチラ)。

またツールにしても、今年3月にIPDLからJ-PlatPatに移行し、その後もFOPISER(外国特許情報の照会)の導入、FOPISERによる商標照会サービスの開始、Graphic Image Park(画像意匠公報検索支援ツール)の導入など。

 

項目を挙げてみると、今年は例年以上に動いている感があります。

これからも次々出てきそうですので、しっかりと理解して乗り遅れないようにしなければ・・・