スピード感に欠けていたな・・・と感じることがあったので、反省の意味も込めて書いておきます。

 

お客様の事務所にお伺いして打ち合わせをした時の出来事です。

打ち合わせ前に仕事の内容はざっくりとお聞きしていたので、事前に見積書を準備して訪問しました。

そして当日打ち合わせしたところ、想定内の内容でしたのでその場で見積書を提示しました。

 

この時の私は、

1)お客様に見積書提示

2)お客様側で検討し、OKであれば後日連絡を頂く

3)請求書発行

4)入金

の流れで進むことをイメージしてました。

 

実は、弊所の見積書には振込先を記入していません。

見積書は仕事につながらなくてもお出しするものですので、安易に振込先を示すのは避けた方が良いという判断です。

請求書には振込先を記載していますので、これまで問題になったことはありませんでした。

 

さて、見積書を提示したところ、お客様は大変お忙しい方で、忘れるのが嫌なのですぐに振り込みたいとおっしゃいます。

一方、私は見積書だけしか準備しておらず、その場で振込先が分かりません。

ただ、通常使用している振込口座ではないものの、たまたま別の口座の通帳を持っていたのでそちらに振り込んで頂くことにしました。

 

見積書と一緒に請求書も持って行くべきでしたが、そこまで予想できていないことに反省です。

今回はなんとかカバーできましたが、先のことを想像しながらスピード感をもって仕事をしなければ行けませんね。